現在行っている事業の概要

当協会は、枝肉、部分肉の格付事業を基幹にして、その他、格付事業で得た各種情報を利活用した事業等を行っています。
現在実施している主な事業は次のとおりです。なお、事業結果等については、定款・事業実績等をご覧ください。

  • 枝肉・部分肉の格付事業
  • 牛肉トレーサビリティ業務委託事業
  • 家畜改良対策推進事業
  • 牛枝肉格付結果証明書の発行
  • 「牛枝肉取引規格の概要」英語版パンフレットの有料配布

枝肉・部分肉の格付事業

枝肉の格付事業

全国の食肉中央卸売市場、食肉地方卸売市場、食肉センター等で、要請に応じ牛、豚の枝肉に対して、当協会の取引規格に基づき、中立の立場で規格格付(品質評価)を行い、公正な価格形成や円滑な食肉取引の推進に寄与しています。

部分肉の格付事業

全国の部分肉処理工場を対象に、要請に応じ当協会が定める部分肉の取引規格に基づき、中立の立場で規格格付(品質評価)を行い、公正かつ自由な食肉取引を推進し、公正な価格形成や円滑な食肉取引の推進に寄与しています。

牛肉トレーサビリティ業務委託事業

牛肉トレーサビリティ制度の確実性を担保するために、DNA検査に必要な照合用サンプルとして、全国全てのと畜牛の枝肉から肉片を採取、処理、加工し、DNA検査機関へ送付する事業で、国産牛肉の安全・安心を確保し、消費者の利益の擁護に寄与しています。

牛肉トレーサビリティ制度とは

牛のBSE発生を機会に制度化された牛の個体識別番号を利用した国産牛肉の生産履歴の追跡・確認を可能にする制度で、国産牛肉の安全・安心を確保するものです。この制度の実効性を担保するために、全国全てのと畜牛から採取した肉片(照合用サンプル)と流通末端の牛肉販売店から採取した肉片(調査用サンプル)との同一性を、牛の個体識別番号とDNA検査により確認します。

牛肉のトレーサビリティ(生産履歴情報把握)制度の仕組み

牛肉トレーサビリティ制度
*1
(独)家畜改良センターがすべての牛の情報を記録・管理
*2
1.と畜されるすべての枝肉からDNA照合用サンプルを集取
2.農林水産省・地方農政局等による監視・指導の際に、小売店等から調査用サンプルを集取
3.両サンプルの同一性をDNA鑑定により確認

家畜改良対策推進事業

牛肉の品質等級の格付結果はその牛の親の遺伝的能力を推定する有力なデータでもあります。このため、我が国で生産される肉用牛を対象に、枝肉の格付情報と血統情報を収集・分析し全国の肉用牛生産者や牛の育種改良機関等に、個人情報の保護に配慮し、無償で提供しています。この事業により、肉用牛の育種改良の精度と速度の向上、育種改良のコスト低減を図ることができます。

牛枝肉格付結果証明書の発行

牛枝肉の格付結果について、食肉販売業者から、円滑な取引を行うため、牛肉の格付結果を証明した書類が欲しいという要望が増加しております。 このため食肉販売業者(一般消費者は含みません。)などを対象に、上記「牛肉トレーサビリティ業務委託事業」で記載している牛の「個体識別番号」を活用した「牛枝肉格付結果証明書」を、当該牛を格付した事業所から発行いたします。

牛枝肉格付結果証明書とは

当協会では、主要業務である規格格付のうち、牛枝肉の格付結果については、①牛枝肉への格付印の押印と②格付依頼者(委託者)からの申し出があった格付明細書の発行により開示していますが、最近、格付依頼者(委託者)以外の食肉販売業者から、取引関係を円滑に行うため、牛肉の格付結果を証明した書類が欲しいという要望が増加しております。
この要望に応えることは、①牛肉の取引に関する信用の拡大、②食肉購買者(卸、小売、消費者等)への安心感の提供、③食肉の規格取引の普及推進等に資すると考えられますので、「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」により確実な伝達が義務付けられている牛の「個体識別番号」を活用した「牛枝肉格付結果証明書」を当該牛を格付した事業所から発行することにいたします。

牛枝肉格付結果証明書

牛枝肉格付結果証明書の発行

1.「牛枝肉格付結果証明書」発行対象者

証明する書類の発行対象者は、証明しようとする牛枝肉の肥育者(生産者)、出荷者、当該枝肉の購買者(以下「枝肉購買者」という。)又は枝肉購買者から部分肉を購買した者(食肉店、スーパー、レストラン等)とし、消費者は含めません。

2.「牛枝肉格付結果証明書」発行の条件

  • (1)発行希望者には、牛の出荷又は牛枝肉(部分肉)を購入したことを証する書類(コピー可)として、個体識別番号の記載されている売買伝票などを添付して格付した事業所へ申請してもらいます。
  • (2)証明書には肥育者(生産者)の個人名は表示しませんが、個体識別番号を表示することから、個人名が判明する場合もあります。このため、肥育者(生産者)が、自ら出荷した牛の証明書の発行を停止するように求めた場合は、その時点から直ちに当該者の本証明書の発行は取りやめます。
    なお、個人情報保護については、個人情報保護方針をご覧ください。

3.発行手数料

  • (1)日本語版の牛枝肉格付結果証明書は、一枚につき税込み200円とします。
  • (2)英語版の同証明書は、一枚につき税込み500円とします。

英語版見本

牛枝肉格付結果証明書 英語版

牛枝肉格付結果証明書の申請手順

1.該当牛を格付した格付協会の事業所へ直接出向いた場合

  • (1)牛枝肉格付結果証明書発行申請書と、個体識別番号が記載された販売伝票等の該当牛肉を購買したことを証明する書類のコピーを、事業所に提出してください。
  • (2)格付協会の事業所は、申請書に記載された個体識別番号を基に証明書を発行しますので、申請者は、手数料(1枚当り200円)を支払い領収書を受領してください。
  • 牛枝肉格付結果証明書発行申請書を入手
  • 申請書に個体識別番号と発行枚数及び申請者名を記載
  • 当該牛を格付した当協会事務所へ当該牛(部分肉も含む)を購入した証拠書類(コピー可)と一緒に提出
  • 手数料200円を支払い証明書と領収書を受領

2.流通業者がスーパー等の納入先から証明書を求められるケース及び遠隔地で格付された牛の証明書を入手する手段

  • (1)現金書留での申し込み
    現金書留に、牛枝肉格付結果証明書発行申請書、個体識別番号が記載された売買伝票等の書類のコピー、送付先住所を記載し切手を貼った返信用の封筒、枚数分の現金を同封して格付した事業所へ郵送してください。(事業所住所)
    格付協会の事業所は、当該牛の証明書と領収書を返信用封筒に入れて返送します。
  • (2)複数のと畜場でと畜した牛枝肉の部分肉を、パッカー等から購入した場合、格付場所も複数になり、個々の格付場所へ証明書の発行を申し込むのは煩雑になりますので、当協会の本所にて格付場所ごとの証明書を代理発行いたします。
    希望者は、牛枝肉格付結果証明書発行申請書、個体識別番号が記載された売買伝票等の書類のコピー、送付先住所を記載し切手を貼った返信用の封筒、枚数分の現金を本所住所へ送付してください。(本所住所)

注意!
一部の事業所では、証明書発行システムが未整備のため発行できない格付場所もありますので、その事業所(支所又は事業所)に確認してから申請してください。

「枝肉取引規格の概要」英訳版パンフレットの有料配布

現在我が国は、日本産牛肉の輸出を促進しております。こうした中で主として輸出関連業者から、日本の牛肉の規格を英語で解説したパンフレットの配布希望が増加しております。そこで現在国内で配布している「牛枝肉取引規格の概要」を英訳したパンフレットを作成し、希望者へ1冊300円で配布することにいたします。配布を希望する方は、申込書に必要事項を記入の上、FAXで送信してください。
なお、「豚枝肉取引規格の概要」の英訳パンフレットもあります。希望する方には有料(300円)にて配布しますので、申込書に必要事項を記入の上、FAXで送信してください。