入会のきっかけ

実家が養豚業を営んでおり、その手伝いの過程で何度か格付員が仕事をしている姿を見て興味を持ちました。大学2年生の時に、その事業所を訪問して事業所長に仕事内容について色々と伺い、自分の判断で枝肉の等級を決定するという仕事内容に、魅力とやりがいを感じたので入会を決意しました。

現在の仕事内容

牛枝肉、豚枝肉の格付事業、牛肉トレーサビリティ受託事業に関する肉片のサンプル採取を行っています。特に牛枝肉、豚枝肉の格付事業は、流通における価格の基本となる大切な仕事のため、緊張感を持って仕事に当たっています。

仕事でのやりがいや達成感

やりがいを感じるところは、現場における格付事業すべてです。
私たちが扱っている枝肉は、まったく一緒という物は存在しません。そのため、格付を行う一頭一頭がまったく違った姿を見せてくれます。その姿が異なった枝肉に対して、定められた規格に照らし合わせて等級判定を行う必要があるため、難しい仕事ですがやりがいを感じます。
また、当協会の枝肉情報を活用した生産者や出荷者の方々に、格付結果について喜んでいただけた時などは達成感を感じます。

職場環境や職場の雰囲気

職場環境に関しては、枝肉を扱う仕事のため寒い冷蔵庫の中で仕事を行うことが多く、最初は寒いと感じますが枝肉の格付を行っている間に体が温まり、格付が終わるころには汗だくになっています。(笑)
職場の雰囲気としては、アットホームな職場です。(笑)
冗談ではなく、本当に先輩方は優しい方ばかりで、少しでも疑問に感じたこと等を質問しやすい環境となっています。

仕事後や休日の過ごし方

仕事後は、のんびりと海外ドラマの視聴などをしています。
転勤が多い仕事のため、休日はのんびりとその地域ごとの料理を楽しんでいます。美味しいものが多く、太ってしまうのが悩みです。(笑)

学生へのアドバイス

就職活動は、就職への不安、社会に出ることへの不安等、様々な不安がついて回る大変な時期だと思います。
例えば、格付協会に興味があるけれど仕事が難しそうなどと色々考えて悩むことも大事ですが、ここは思い切って近くの事業所へ訪問することをお勧めします。事前に本所・総務部と訪問日について調整すれば、事業所の方々が、快く対応してくれます。その時に、職員に仕事上で気になっている点を質問すれば、良い点、悪い点を包み隠さず教えてくれます。
私は、就職活動とは一生に関わる大事な分岐点の一つだと思います。だからこそ、学生の皆さんには、悔いの残らぬように妥協せず色々な可能性を考えながら就職活動に臨んでほしいと思います。考えた末、格付協会を選んでくれた際には、一緒に汗を流しましょう!