入会のきっかけ

食品に関わる仕事がしたいと考えていた大学4年生の就職活動中に、格付協会の募集要項を見ました。今まで見たことも聞いたこともない仕事だったので、興味を持ち調べてみると、実際に事業所見学ができるとのことで最寄りの事業所へ行きました。生まれて初めて格付された牛枝肉を見て、「テレビでよく見る肉のランクは、格付協会が決めているのか!」と驚き、特別な仕事内容に魅力を感じました。
また、男性職員がほとんどだった格付協会も、近年は女性職員も増えていると聞いて私にもチャンスがあると思い、採用試験を受けました。

現在の仕事内容

入会3年目の私が主に行っている仕事は以下のものです。

  • 現場(冷蔵庫内)

    • 格付補助(格付員とペアを組み、牛、豚の格付データを専用の器機に入力するなど)
    • 牛肉のトレーサビリティ業務(肉片採取などをする。)
  • 事務所

    • 事務作業

仕事でのやりがいや達成感

私は、まだ格付員ではありませんが、生産者が懸命に育てた牛や豚の枝肉が格付され、その結果をもとにセリが行われ取引され加工されて消費者へ届く、その過程に関わっています。自分の仕事が生産者と消費者を繋ぐ重要な一部分だと思うと、やりがいを感じます。 今は、格付の技術を身につけるために猛勉強中です。最初はまったく的外れなことを言ったり、教えてもらったことができなかったりと失敗続きでした。自分の不甲斐なさに落ち込むこともありましたが、上司や先輩が何度でも一から教えてくれます。そこで、教えられたことの中から「今日はこれをできるようになろう」と、小さくても目標を決めて仕事をするようになりました。まだ失敗することが多いのですが、色々なことが少しずつできるようになってきた時に嬉しく思い、その積み重ねを続けていこうと思います。

職場環境や職場の雰囲気

現場は冷蔵庫内ですが、防寒具などがあるので何も問題ありません。
仕事全般において、上司や先輩に困ったことがあればすぐに相談することができ、その都度迅速に対応してもらえます。私が勤務している大阪事業所の雰囲気は、毎日大家族で過ごしているような温かさと賑やかさです!(笑)

仕事後や休日の過ごし方

先輩と食事や遊びに出かけたり、友達と遊んだり、プチ一人旅をしたりと満喫しています!

学生へのアドバイス

どんな仕事でも、実際に自分の目で確かめることが大切ではないかと考えます。説明会だけでは分からないことも多いと思うので、インターンシップや仕事を見学できる機会などがあれば、積極的に利用すると良いのではないかと思います。

その他

転勤があると聞くと、身構えてしまう人も多いかと思います。しかし、今まで行ったことがない土地や地域に行くことができる、住むことができる、人と出会えるというのは魅力的なポイントではないでしょうか!